« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年2月

コニファーの伐採

この時期、伐採の依頼が多くあります。逆に言うとあまり剪定の時期ではないとも言えますが・・・・。

そんなことで、今回は庭の片隅で屋根まで届くように成長したコニファーです。前回のように下から一気に横倒しとうわけにはいきません。住宅街ですから隣の家が隣接しています。重機を利用すればイッキの伐採も可能でしょうがその分経費がかさみます。この場合は面倒でも上から少しずつ切断していきます。意外と時間はかかりません。

伐採前の画像です。

Dsc06473

作業途中の画像です。今回も1人作業。途中の画像枚数が乏しいです。

010

使用のチェーンソーは、ゼノアこがるとG3401・・・。この程度の太さでは十分な馬力です。

011

朝8時から2時間で終了しました。

  http://sasakizouen.o.oo7.jp/   (有)佐々木造園


| | コメント (0) | トラックバック (0)

高木(栗の木)の伐採 

枯れ気味の栗の木の伐採依頼がありましたのでご紹介します。

今回は根元から一気に倒せるような環境です。但し樹が少々太いので気を使います。小柄なチェーンソーでは歯が立ちません。馬力のある機械が必要となります。

さて、伐採前の状況です。枝が枯れ気味で落ちてくるようで、人にでも当たると厄介ですね。

015

画像には見えませんが手前側に電線があり、伐採方向を間違うと大変なことになります。一発で倒すこともできますが、幹別れ部分から少しずつカットしていきます。

上の部分で枝が枯れている個所もありますので、2連梯子を使い先に落としてしまいます。意外と下で作業していると折れて落下します。怪我の元ですからね。

伐採途中の画像です。1人作業となりましたので画像が少ないのが残念!!

003


006


015_2

この後、軽トラに積み込み処分場へ。 短く切ってもなかなか重く、一人で持ち上げられるような重さにしながらの作業です。ま、たった1本なのでこんなノンキナ仕事もできます。

半日で終了となりました。可哀そうな気もしましたが、幹の内部は穴だらけ!!いずれは枯れる運命でしたので、早めに終えて良かったと思います。005


   http://sasakizouen.o.oo7.jp/   (有)佐々木造園

 追   シンダイワのチェーンソーはなかなかのブツです。粘りがあるし、音が良い・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特殊作業(樹木の倒れ修繕) パート2

修繕作業のご紹介です。

倒れてしまった大切なサクラを真っ直ぐにします。

パート1で紹介しましたが、根を出来るだけ切りたくないので掘り起こす前に倒れが改善できるかどうか試してみます。チェーンブロックという人力併用道具?を使い引っ張ってみます。もともと基本は吊り上げる道具ですが、使い方さえ間違わなければ応用範囲の広い力強い道具です。今回使用するのは1トン用で小さいものですが頼りになります。

倒れが徐々に改善されている途中の画像です。

015

傾きを改善する途中でボキ!!という音が数回・・・根が切れる音なんですね!! こればっかりはお許しいただき、作業を続けます。何とか重機を使って根を処理する作業は省けそうです。また、もう一方から引っ張ることで垂直になるまで倒れお修正していきます。

その後は支柱材で固定、幹巻や、切った部分に癒合剤を塗布し終了となります。

023

おそらく、99%セントは枯れることなく復活すると考えております。今年の花は見れませんが来年は可能でしょう。とにかく、永く生きてお客様を楽しませてもらいたいと思います。

         ご協力いただいた(有)豊美園の若武者たちありがとう。

         怪我のないようにこれからも頑張ってください。

      http://sasakizouen.o.oo7.jp/   (有)佐々木造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特殊作業(樹木の倒れ修繕) パート1

桜の木の倒れ修繕という、あまり無い作業のご注文を頂きましたのでご紹介します。

伐採してしまえば価格も抑えられますが、お客様にとっては大切な庭木です。そんなわけにもいきません。ご要望にお応えして何とか真っ直ぐにして永く生きる手助けとなれば幸いです。

そのためには極力根を傷めない、枝を落とさない、又時期を選ぶなどが重要になります。

さて、倒れてしまった画像です。お客様のお話ですと、徐々に傾いてきたとのことですが、あまり聞かない現象ですね・・・。 頭でっかちなのかな~~!!

001

もっとも桜の場合はご覧のように途中から幹が分れ、横に広がる傾向があります。広がった状態で何らかの原因で傾くとそちらに荷重がかかりやすくなり、このような傾向になるのかもしれません。

原因はさておき、この状態で数年たっているとすれば太い根を張っている可能性があります。そうなると垂直にするのが簡単ではありませんね。根を処理する場合は小型重機などが必要になりますので万全の準備で態勢を整えます。

 作業内容はパート2で!!

   http://sasakizouen.o.oo7.jp/   (有)佐々木造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »